読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEVEN COLORS

自由気ままに思ったこと(主にじゃにごと)をつれづれ気ままにつづっていくブログです

NEWSの音楽。

どうも、大型連休も本格的に最終日ですね。*1

 

ようやくNEWSの新アルバムのソロを聴けたので今回は4人のソロ曲についてつらつらと思ったことを書いていこうと思います。

個人的な主観です。悪しからず。

 

増田さんのソロ

彼のソロ曲の特徴って甘い声とは裏腹にどちらかというとクラブ音楽要素が強いなって思います。

そこがギャップというか、個人的には好物なんですが笑

歌も十分に生かし、踊りも生かしたい。

そんな曲が多いなぁっていう印象です。

クラブ音楽の魅力はと聞かれるとその場を盛り上げられるためにDJが音楽をリミックスしていくところなのかなぁと思ってるのである意味おもてなしの心ともいえる気がするんですよね。

アイドル増田はグループで魅せるから、ソロは別の角度でっていうのは増田さんらしいなぁと毎回鳥肌が立ちます。

 

小山さんのソロ

小山さんのソロはThe☆POPSな感じで、キャッチ―な曲が多いなって思います。

何よりソロ曲が印象に残りやすいのは耳になじみやすい音が多いからなのかなと感じてます。

内容としては大人なイメージで作られていて、ちょっとセクシーな感じなのもまた似合うのがずるいなぁと毎回思います。

一時期チャラ小山なんて言われてたのがいつしかなくなったなぁというのも寂しいんですけれど、今回のソロもすごい楽しみです^^

 

加藤さんのソロ

シゲの音楽は毎回味が違うのが楽しいなぁ、エンターティナ―だなぁと思います。

毎回コンセプトがあって、それに合わせた音楽。

さまざまな趣味があるシゲだからこその音楽性だなぁといつも楽しんでいます。

ここの所は物語シリーズが多いですがそれに合わせた演出をコンサートで考えるってすごく難しいと思うんです。

でもそれをやってしまうシゲを私は尊敬しています。

 

手越さんのソロ

バラードで来ることが多い手越さん。一番自分がさらけ出せるのが声だからという自分の武器を最大限に使っているなぁといつも思います。

シンプルだからこそ一つ間違えればしらける、大胆な演出。

彼だからこそできることだなぁといつも思います。自信がなきゃバラードってそもそもできない…笑

NEWSでの活動でアイドルしているからこそ、っていうのは増田さんと似ていますがまた違うところに理由があって、自分だけを見てほしいという強い信念だったりするのかなぁとも思います。

そんなところが好きなんですけれど。

 

最後に

NEWSのことを語ると長くなるんですが彼らの素敵なところは音楽に一人一人が向き合っているところなのかなと思います。

これから行く東京ドームが今から楽しみです!

*1:たいていの方はきっと普通の土日で私も例にもれず普通の休日ですw